スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスクス。

今のところ至って水槽は順調だ。
大量の☆はなんだったのだろう。やはり隣からきたりする殺虫成分によるものか?

それとも。
がさごぞやっていたら出てきた「微生物の元」のおかげだろうか。

さておき、ちょっとクスリときたネタを転載。

病気の女性に優しく
「無理するとお体にさわりますよ。」
といってあげて
「ええ。ありがとう。」「いいんです。」
と返事されたら遠慮なく触りまくれるそうです。

バカですよね。こういうねたがバカっぽくて大好きです。
スポンサーサイト

ギークになれない人となれる人。

さて、GEEK(ぎーく)をご存知だろうか。

最近、プログラマ業界でよく見かける言葉だ。

どう使われるかっていうと、ようはオタクだ。
しかもただのオタクじゃない超越したものがある者達だ。
もちろん、能書き理想論だけではなく実力が伴うもの達だ。
今のスタンダードな事柄を+アルファもしくは根底から変える力をもつ
アルファギークと呼ばれるもの達もいる。

水槽でいうと、餌を作ったり、ろ過材をつくったり、オーバーフローの仕組みを
新に考え出してスタンダートを先駆けで生み出していくもの達だ。
(例えば、ろ過材は重ねるものという概念を取り除いて、ろ過材を浮遊さえて
 空気効率を良くし、バクテリアの活性を促す仕組みなどの考案者がそれに当たるだろう)

さて、通常のプログラマ、およびブリーダ(飼育者)はこのGEEKの領域に達することを使命に
飼育を行うことがもっとも楽しいとは思わないだろうか。

思わないのが普通だろうか。
普通に、ソース記述遊びをして僕はプログラマです。って言って何が楽しいのだろうか。
エビのブリーダは必ずしもそうとはいえないけど
一つの水槽であったとしても、みんな綺麗な個体を生み出すことに
より犠牲を出さないことに必ず力を注いでいる。

やることは違えど何かを生み出すって点では同じはずだ。

プログラマの人たちはもっとエビのブリーディングによって
クリエイティブ魂に火をつけるべきだ!

そして水槽1つでも2つでもエビブリーダはもっと
その純粋な魂に自身を持つべきだとおもう。
すばらしい個体を生み出す希望をあきらめちゃいけない。

GEEKと呼ばれる人たちのほとんどが
オープンソース(タダで役に立つものをつくってレシピまで後悔する開発のこと)を開発してる。
最初から儲かる仕事を受注してやっているわけじゃないのだ。

今の失敗が成功への犠牲であって
トップらにかなわない理由になる失敗じゃないんだ。

仕事っぷりがトップレベルじゃなくても、
エビがたくさん死んでも、
横槍で本来の力が発揮できなくても
なんでか色落ちしても
なにを目指してやっていいのかわからなくなっても
希望を野望を捨てちゃダメなんだ。

だめなんだよ。俺。_| ̄|○
プロフィール

ponBee

Author:ponBee
ponとエビの生きる道へようこそ。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログツマツマ数
トータルツマツマ数:
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。